アフィリエイトで稼げない理由とその対策を解説〜大切なのは『諦めない気持ち』です

アフィリエイト

アフィリエイトを副業にして稼ごうと思った時にどんなものが必要になってくるのでしょうか?
ブログやサイトを作るためのレンタルサーバーや無料ブログサービス、独自ドメインか。それともブログの戦略やジャンル選択か。
ブログ記事の執筆作業をするための時間なんていうのも考えられます。

どれも確かに必要なのですが、一番大切なのは自分がこれで成功出来ると信じるビジョンとその道がどんなに険しくても前に進める心だと思っています。
何故なら初心者がアフィリエイトを始めた直後から稼ぎ出す事は難しいからです。
どういった理由でそうなるのか、もう少し詳しく探っていきましょう。

アフィリエイトは最初から稼げない

アフィリエイトは稼ぎだすまでの期間が長くなってしまい。更にはその期間が人によって半年から一年以上とマチマチでどの程度かかるのか千差万別です。データとしては古くなってしまいますが、2017年のアフィリエイト調査報告を見ていきましょう。

この報告書では副業として充分な3万円以上の稼ぎを得ているのが6%足らず。ブログ飯が視野に入っていく10万円以上となるとわずか2%台にまで減ってしまう事から軌道に乗せるまでの大変さがわかると思います。

私個人としてはこの結果が実は表面的なもので実際に稼げている人はもっと多いと考えています。何故ならこの報告書には思っていた以上に稼げなくて挫折してしまった人や、今日あった事をダラダラと書くだけで自分語りになってしまっている日記ブロガーなどといった人が含まれているからです。

その例に漏れて明確なビジョンを持ってどうしたら稼げるようになるのか考えて動いたブロガーはもう少しキチンと稼げているはず……というのが推測の根拠になります。

多くの人が稼げていない理由や、稼げない人がやってしまいがちな事とはどんな事なのか続けて考えていきましょう。

ブログが稼げない原因とその対策は!?

ブログで稼げない人には稼げない原因がどこかにあるはずです。その原因を探っていき対策するのがアフィリエイトで稼げる事に繋がります。主にブログで稼げない原因とされているのは以下になります。

記事数が足りない

アクセス数が集まらない原因の一つとしてブログの記事数がそもそも少ない可能性もあります。例えば30記事程度しかない場合、グーグルなどから検索してやってくるための入り口がそもそも狭く流入が見込めません。

このパターンに当てはまってしまう際には記事を頑張って書き続ける事が必要になってきます。この時に気をつけるべきは記事の内容がちゃんと読者の要求に応えられるものになっているかです。

ブログの運営期間が短い

記事数も関連してきますが、ブログやドメインを立ち上げてすぐだとGoogleから正しい評価をもらえないと言われています。そんな時期に収益やPVのことを気にしたとしても集まるわけはありませんので、もしブログが開設間もないのでしたら準備の期間だと割り切って作業を続けましょう。

キーワード・ジャンル選択が適切ではない

マニアックで少人数に向けた、いわゆるニッチ(狭い)なキーワードやジャンルをブログのメインに据えてしまっていると検索で訪れる人がそもそも少ないですし、反対に多くの人が関心があるようなビックワードを狙ってしまうと他のサイトと競合してしまい検索流入を得るのが難しくなります。

ニッチすぎるのならば範囲を広げても良いでしょうし、ビッグワードを狙いたいのならばスモール〜ミドルキーワードから外堀を埋めていくかズラしキーワードを狙っていくなどの工夫が必要です。

適切な広告が貼れていない

例えばラーメンの美味しさを力説した記事で格安SIMの広告が貼られていても気にする人はいないでしょうし、売れる可能性はほとんどないでしょう。

例のごとく格安SIMの案件を取り扱いたいのならば、ちゃんとその広告にあった記事を書く事が必要です。

カタログスペックだけで商品の販促をしている

家電製品などを売るときにカタログスペックや主だった特徴などは公式サイトを調べれば記載されていますし、大体の人はどこかの誰かが作ったブログを見るより先に公式サイトの方を覗いてみるでしょう。

もし本当に商品を売りたいのならば公式サイトに取り扱えない、もしくはフォローしきれない情報が必要になってきます。実際に使った商品をブログで紹介しましょうとオススメされるのはそういうところに理由があります。

稼げない人がやってしまいがちのNG行動

PV数・収益をやたらと気にしてしまう

初めて間もない人ほどGoogle AdSenseやサーチコンソールの管理画面、ブログのアクセス解析を気にしてしまいがちです。ほぼ検索流入が見込めず固定客もごく僅かな以上、画面を眺めているだけでは劇的な変化が起きるわけはありません。

その画面を眺めている時間で記事を作成したりとブログの作業時間に当てた方があなたのためになります。

他人の成功体験が気になる

「わずか数ヶ月で何万円の報酬を得たブロガーの話」などといったタイトルの記事が気になってしまうのはわかりますし、あわよくばと思ってしまうのもわかります。
どういう巡り合わせで彼らが成功したかは人それぞれなのでわかりませんが、そんなブロガーは一握りの人間でほとんどが地道な作業の積み重ねをして現在の状況を手に入れています

逆に今の自分と照らし合わせて「どうして自分はダメなんだろう」と気分が沈んでしまいがち。そのまま作業に影響を与えてしまうと負のスパイラルに陥ってしまう事が多いでしょう。他人の成功体験は羨ましいでしょうが関係ない話なので気にしない方向で問題ありません。同じ気にするならどちらかと言えば他人の失敗体験の方にヒントが転がっているかもしれませんよ。

高価な情報商材に手を出してしまう

藁にもすがりたい気持ちもわかりますが、数千円〜数万円もする「アフィリエイトで儲ける方法教えます」のような商材に手を出すのはやめておきましょう。実践してもほぼ当てにならなくて後悔する事間違いなしです。本当に楽して儲けれる方法があるのならば他人に教える事はないでしょうし、むしろそんな物があるのならば教えてもらいたいと思っているのが大半です。

しかし他人から”気づき”を得てレベルアップを図れることがあるのも間違いない話なので負担にならない値段の有料noteで気になるものがあるのならば参考にしてみるのも手だと思います。

まとめ

アフィリエイトで稼ぎたいのならとにかく動く事が必要になってきます。数を量産したところで記事の内容が薄くても困るのですが、まずは書かなくては次へと進めません。

”売りたい””稼ぎたい”と思ってしまうのは無理はないのですが、結果ばかり追い求めたら”書きたくない記事”を無理やり書く羽目になってブログを書くことそのものが嫌になってしまう事でしょう。

初めて早くても半年〜一年程度は稼ぎにくい時期が続いてしまいますし、まずは”楽しい”や”好きな”ネタの記事を書くのが何よりもオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました