はじめてのアフィリエイトブログは特化型ではなく雑記系ごちゃ混ぜサイトを目指せ!

アフィリエイト

ブログでアフィリエイトを始めようと思った時に頭を悩ませてしまうのがブログでどんなジャンルを扱うかに関してです。
取り扱うジャンルを絞って特化型サイトとして運営するのか、それとも複数のジャンルを大枠でくくって雑記型サイトとして運営するのか。
それぞれに一長一短がありますが、私がこれからアフィリエイトを始めようという人には雑記型サイト、それも特にジャンルを決めないでごった煮で作るブログをおすすめしたいと思っています。
なぜノンジャンルのごちゃ混ぜ雑記系サイトなのか、これからその理由を説明していきましょう。

ごちゃ混ぜ雑記型ブログをオススメする理由

幅が広いジャンルの記事が書ける

毎日1〜数記事を書いていくことを考えたらこれ以上のメリットはありません。

気になったニュースや日常で困ってしまったことの対策を記事にしても良し、面白かったテレビ番組の感想を書いても良いでしょう。

また同じブログで複数のジャンルが扱えるため、気になって別のジャンルに方向転換をしたりブログテーマの大幅修正も簡単にできます。

思いもよらぬ大ヒットの可能性もあり

下手な鉄砲数打ちゃ当たるじゃありませんが、広いジャンルでの記事を書くことによって予期していないキーワードで検索順位の上位表示を狙えたりもします。

そこからブログの方向性を強化していけばアクセス数も増やしやすいでしょう。

ごちゃ混ぜ雑記型ブログの注意点

中身のない記事になりやすい

ごちゃ混ぜ雑記型ブログは何でも記事を書けますが、反面で記事をなんとなく手癖で書いてしまいやすくなります。

例えば”新宿のレストラン”に行ってきたときに大筋の内容で「新宿のレストランに行ってきました。お店の雰囲気も良くて料理も美味しかった。また今度行きたいです♪」なんて記事を書いたとしてもよほどの芸能人でもない限り見に来る人はどうでも良いです。

大体の場合はお店の住所や分かりやすい行き方、メニューの値段だったり営業時間に休店日という情報を知りたくて調べていて感想は二の次です。しかし、本当に好きな内容を気分で書いてしまうと最初のような内容になりがちなので独りよがりにならないように注意しなくてはいけません。

ブログが散らかりやすい

ジャンルを問わずに好きな内容だけ記事を書いていくとブログをパッと見たときに一貫性がなくまとまりがないように見えてしまいます。記事のカテゴリー分けとかもどんどん増えていってしまいますね。

それの何がいけないかと言うと気になって検索をした人がそのページだけで帰ってしまったり(直帰)、その様子を見ていたGoogleがつまらないサイトとして評価をしてしまえば検索順位も下がってしまいます。

アドセンスのクリック単価が安い

関連のない記事が多くなるので特化型ブログと比べて専門性がないと判断されてアドセンスのクリック単価は下がってしまいます。それでも数を稼げば特化型以上に利益を出すことは可能なのですが、特化型と比べてデメリットにはなるでしょう。

まとめ

ブログは継続は力なり、楽しんで続けることが大事……となると続けやすい、記事を書くのに苦痛を感じにくいごちゃ混ぜ雑記型ブログこそ初心者が初めて取り組むのに適したテーマだと思います。

どうしても特化型に取り組みたいと言うのならば徐々に慣れていったら移行していけば良いのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました