【2019年最新版】Twitterは儲かる!?アフィリエイトで稼ぐ為の有効活用術を紹介

アフィリエイト

Twitterアフィリエイトはサービス初期だった2011年頃から流行りだした手法で当時は自動ツールを使いながらリツイートで拡散したりやりたい放題だったようです。

しかし時代の波はそれを許さず、健全化を望むTwitter社によって現在では有害なアフィリエイトリンクを貼る事は規約によって禁止されてしまいました。それによって大手ASP側の多くもまた規約で禁止する対応をとったために行っていたTwitter連携サービスは終了してしまいました。
もし黙ってTwitterにアフィリエイトリンクを貼ったのであれば、Twitterアカウントを凍結されるだけでなく最悪はASPも強制退会になってしまう可能性すらあります。
それならばTwitterはアフィリエイトで使う事はできないのでしょうか?
その答えはNOです。今でもTwitterをアフィリエイトで活用する方法はあります。どうすればTwitterを有効利用して稼ぐことができるのかその方法を考えていきましょう。

Twitterをアフィリエイトに活用していく

まだTwitterで稼ぐこともできる

Twitter側で有害なアフィリエイトリンクを貼る事が禁止になっている事は話しましたが、Amazonと楽天はTwitterに宣伝用のリンクを貼る事を禁止していません。他にも大手ASPだとafbの規約ではTwitter投稿に関して許可されていますし、e-crickにはTwitter機能があります。

それ以外でもTweepieと連携して呟けば報酬が得られますしTwitterを利用して稼げなくなったという事はありません。むしろライバルが減ってやりやすくなったという意見もあるほどなので稼ごうと思えば稼げないこともないようです。

ASPとしては許可をしていてもTwitterでは禁止なのは変わりませんのでアフィリエイトのリンクを直接貼ったらアカウントが凍結されてしまうリスクがあります。短縮URLを使えばいくらかはマシになりますが、それでも凍結の可能性がゼロとはいえないので目立ちすぎないように注意する必要があります。

ブログへ誘導する集客ツールとして扱う

あくまでもTwitterをアフィリエイトのための集客ツールと割り切ってブログやメルマガといったアフィリエイトに誘導する方法です。アフィリエイトで収益を得る事が直接的な目的ではなく、あくまでも自分のサイトを宣伝する手法として扱っているので凍結のリスクは直接アフィリエイトするよりも当然のごとく低くなります。

集客において大事になってくるのがフォロワーの絶対数で、大きく拡散されない限りフォロワー数=主につぶやきが他人の目に触れるチャンスになってきます。

自分のフォロワー数を増加させると共に繋がった人と上手に付き合っていく必要があるので、いきなり大儲けをできる可能性はなくサイトと同じく地道な積み上げが大事になってきます。

Twitterで自分を売り込む

Twitterを発信の場として扱い有益な情報をつぶやくことによってアフィリエイト手法を語ったnoteやYoutubeなど動画チャンネルに呼び込む事ができます。

noteならば自分で価格を設定できますし、Youtubeも厳しくなったとはいえ稼げる場ですのでブログアフィリエイトに誘導するよりも収益を見込めるかもしれません。同じくTwitterのフォロワー数が増えると共に目に触れる機会が多くなってきますのでフォロワーを増やすに越したことはありません。

また実体験に基づいて相手を納得させるだけの説得力や話術が必要になってくるので、やはりフォロワーと自分との間の信頼関係が大事になってくるのではないでしょうか。

ターゲット層や話題性を意識してつぶやく

Twitterアフィリエイトで儲けるには自分のフォロワーにどのような人物が集まっているのかタイムライン上からターゲットを想定するのが大事になってきます。サブカルジャンルを扱っているのであれば漫画の情報を求めている層は年齢幅関係なくいると思いますが、ソーシャルゲームやアニメの呟きが多いのであればフォロワーには若者が集まってきます。

アフィリエイターなら同じくアフィリエイト関係の人間が集まってくるでしょうし、そういった人がどのような話題を意識しているのかがTwitter集客のポイントになってきます。

ブログと同じくトレンド的な内容も発信するのには向いています。ロングテールを意識しなくても良い分、トレンド手法で集客するのにTwitterはうってつけかもしれません。

まとめ

従来と同じく直接リンクを貼ってアフィリエイトに誘導する手法も使えなくはないのですが、どうしてもアカウントが凍結されるリスクがつきまとってきます。

やはり現在は集客ツールと割り切ってアフィリエイトサイトやnote、または動画などに誘導し、そこで収益を得る方法がベターなのではないでしょうか。

InstagramやFacebookも強いですが、Twitterもアクティブ数では負けていない勢いを持っており集客力は根強いです。Google検索だけに頼っていると大規模アップデートで痛い目を見てしまう可能性もあり、Twitterを始めとしたSNSでの集客はリスクヘッジの観点からも大事な手法だと言えます。

SNSで上手くフォロワーと付き合っていくのも、これからの時代アフィリエイターにとって必須のスキルになっていくのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました