その面白さ期待以上⁉︎大ヒットの予感をさせる『ドラゴンクエストウォーク』の面白いところやデメリットを紹介

ゲーム

こんにちわ、管理人のかなめです。つい先日リリースされたばかりのドラゴンクエストウォークですがリリース早々にして300万ダウンロードを突破した上にトップセールスを獲得するなど既に破竹の勢いで広がりを見せています。なんだか順調に大ヒットへの道を進んでいる気がしますね。


ゲームが発表された時は位置情報ゲームというジャンルがポケモンGOを連想させる事からドラクエGOなどと揶揄されたりしましたが、蓋を開けてみたら全く別物のゲームだと言わざるを得ません。その内容たるやRPGというジャンルを位置情報ゲームによく落とし込んだなぁと感心してしまうほどです。

大まかに同じジャンルのポケモンGOと比べて似ているところや違っているところ。ドラクエウォークの面白いところや不満な点をまとめていきます。

ドラクエウォークとポケモンGOはここが違う!

ドラクエウォークにはふくびき(ガチャ要素)がある

ポケモンGOでの課金アイテムとなるポケコインの主な使い道として道具やポケモンといった所持数の拡張や不足してしまったアイテムの購入、アバター衣装などがありますが正直いって課金圧はそれほど強くありません。
どの使い道もジムに預ける事で手に入る無課金コインをゆっくり集めていけば充分間に合ってしまうぐらいなんですよね。道具を入れるバッグに空きがないとポケストップを回す事ができないので出来る事なら拡張を急ぎたいぐらいです。

対してドラクエウォークは装備のランクがパーティの強さに直結してくるので、レイドボスに挑もうとするならガチャで強い武器や防具を手に入れないと難しいほどになってきます。

無課金でもそこそこの強さの装備は手に入るのでストーリーをクリアする事は出来るのですが、やはり装備の質が違えば難易度は段違いに楽になります。かといって時間をかけてまでリセマラしなくてはならないかと言われたら手間がかかりすぎな上にピックアップの「メタスラ装備」を絶対に手に入れるべきかと聞かれるとなんとも言えません。
大量の経験値を持ったメタルスライム系が狩りやすくなるので手っ取り早く強くなるにはあったほうがいいのは間違い無いんですが、ガチャが存在する以上は徐々にゲームバランスがインフレしていくのは間違いありません。それを踏まえて「メタスラ装備」のポジションって「はぐメタ装備」「メタキン装備」のような上位互換が作りやすそうなネーミングなんですよね。その上に本気で強くするためには同じ武器を重ねて限界突破をする必要まであると沼にハマってしまうと底がありません。

ある一定まで回すと好きな武器が手に入るような天井システムが存在しない事もそれに拍車をかけていますね。のめり込んでしまうと本当にいくらかかっても終わりが見えないんじゃないかと……。

一応、10連ごとに回すようにすれば6回目と10回目に最高レアが確定してくれるステップアップ要素があるのですが狙ったアイテムが手に入るとは限らないため底なし沼には違いがありません。

正直ガチャに頼って強くなろうと思うと厳しいと言わざるを得ないですが、それでもふくびきを回すかどうかは各自の判断に委ねるって感じじゃ無いかと思います。

ドラクエウォークでは最初から全自動モードが使える

ポケモンGOでは「ポケモンGO Plus」や「モンスターボールPlus」などの外部アイテムに頼らないと自動でポケストップの回収やポケモンの捕獲を行ってくれませんでしたが、ドラクエウォークには回復スポットの回収やモンスターとの自動戦闘を行ってくれるWALKモードが最初からついています。

不満点があるとすればそれぞれの機能ごとにオンオフが設定できないので回復スポットだけ選んでアイテムの回収を行う事ができない点でしょうか。WALKモードをオンにしていると目的地が見えているのにモンスターがレーダーの範囲内に入ってしまったせいで勝手に戦闘に入ってしまったりクエストの進行の妨げになってしまう事もありました。

クエストを進行する時やアイテムを集めたい時は戦闘オフ、レベルを上げたい時は戦闘オンを選べるようになれば使い分けが便利そうですし、そこのところを改善してくれるとスムーズになって有難いのではないかと思います。

ドラクエウォークは自宅が設定できる

他にポケモンGOに無くてドラクエウォークに有る要素としては自宅の存在があげられます。冒険レベルを上げていくと拠点として1時間に1回だけ全回復できる自宅が作れるのですが、中には好きな家具を置いてカスタマイズする事もできます。

でも自分の家がバレてしまうんじゃないの?という心配のためにちょっとだけ場所をズラして表示させたり、非公開にする事もできるので安心して自宅機能を利用する事ができます。個人的には折角カスタマイズしたのだからズレて表示でも公開した方が面白くなるような気がしています。

反対に似ているところは?

コレクション要素はドラクエも健在

ドラゴンクエストウォークにも敵を倒すことでランダムで手に入れられるモンスターのこころというコレクション要素が存在します。武器や防具と同じくキャラクターに装備させることで能力の向上が狙え、SからDまでランク分けされています。

課金装備を頑張って手に入れなくてもSランクのこころを集めて装備した方が最終的にキャラクターを強化する事が出来ます。悪名高いスクエニですがドラクエウォークに関してはガッツリ課金をしなくてもストーリー進行には問題がないように気を使ってくれている気がします。

ドラクエウォークのデメリット

スマホのバッテリー消費が早い

裏で結構色々な処理をしているのかドラクエウォークをしているとスマホの電池がすぐに減ってしまうのが特徴です。ポケモンGOや他のソシャゲでもそれなりに減りますがドラクエウォークはかなり激しいです。

例え通勤や通学中に合間を見てやるだけでも念の為カバンの中にモバイルバッテリーを備えておく必要性がありそうなほど。どうかなぁと思いますが対策としては常に充電できるように準備しておくしか無さそうです。

まとめ:これからのコラボに期待

ドラゴンクエストといえばスマホゲーなら「星のドラゴンクエスト」や「ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト」、家庭用ゲームならオンラインゲームの「ドラゴンクエストX(テン)」や最新作の「ドラゴンクエスト11」シリーズなどが発売されています。

それに加えて過去シリーズやドラゴンクエストを元ネタにした漫画も数多く存在しています。そういった作品たちとそのうちコラボして、作品をイメージした装備などが増えていったらもっと面白くなるんじゃないかと期待しています。

ドラクエXプレイヤーとしては5種族の姿でプレイできる装備があれば嬉しいかもしれません。無課金でも楽しめる上に普段出歩かない人でも外に出かけるのが楽しくなってしまうドラクエウォークを是非プレイしてみてはいかがでしょうか?

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました