新型登場「ニンテンドースイッチライト」は買うべき? 旧型との差を徹底比較

ゲーム
ニュースリリース : 2019年7月10日 - Nintendo Switchに新しい仲間 小さく軽く持ち運びやすい 携帯専用「Nintendo Switch Lite」登場|任天堂
任天堂株式会社のニュースリリースです。

年度末までに「ポケットモンスターソード・シールド」や「集まれ!どうぶつの森」など売れ筋のファーストタイトルが控える中で任天堂は従来の「Nintendo Switch」から小型軽量化を果たした新機種「Nintendo Swich Lite」を発表しました。価格が19,980円(税別)となっており、2019年9月20日に発売が予定されています。

任天堂は過去にも「Nintendo DS Lite」や「Nintendo 3DS Lite」など従来品から小型軽量化された新型機種を出したことがありますが今回は単純に小さくしただけでなく、小型化が原因で省略されてしまった機能があったり少し勝手が違います。

どんな所が変わってしまったのか、従来機と比較してどんなメリットやデメリットがあるのか違いについてまとめてみました。

Nintendo Swich Liteは何処が変わった!?

プレイモードは携帯モードのみ

Nintendo Swich Liteは従来品のようにジョイコン(Joy-Con)が取り外せずに一体型になってしまっており、またドッグを通してTVへの出力も出来ないために携帯機として手に持って遊ぶしかありません。

ほとんどのソフトはそれでも携帯モードに対応しており遊ぶ事自体はできるために大きなデメリットにはなり得ませんが、例えば「ゼルダの伝説ブレス・オブ・ザ・ワイルド」のような腰を据えてTVの大きな画面でじっくりとプレイしたいゲームには不向きになっています。

またJoy-ConのHD振動やモーションIRカメラ、モーションセンサーが省略されてしまっているためにそれらを使用するタイトル(「マリオテニスエース」など)では遊び方が制限されてしまう事があるようです。

軽量化と引き換えにサイズが小型化

従来のNintendo Swichが約398gと3DS LLよりも重く携帯モードでプレイしていると案外ズッシリと来る感じでしたが、Nintendo Swich Liteでは約275kgと3DSシリーズに近い数字になっています。

ボディサイズも従来型が縦102 x 横239 x 厚さ13.9mmだったのに対して縦91.1 x 横208 x 厚さ13.9mmとコンパクトで持ちやすく改良されています。

その代わりに従来は6.2インチだった画面も5.5インチに小さくなっています。5.5インチと言えばiPhone 8 Plusなどのスマートフォンに近いサイズとなっており若干物足りなさを感じてしまうかもしれません。

気になるバッテリー持ちは少しだけ改良

携帯機として外で遊ぶ事を考えるとどうしても気になってしまうのが内蔵バッテリーの持続時間となっています。あくまでもカタログ上の値なので参考程度になりますが従来機が2.5〜6.5時間となっているのに対してNintendo Swich Liteは3〜7時間と伸びているようです。

カタログの仕様ではわずか30分程度伸びただけに見えますが任天堂が出した「ゼルダの伝説BoW」での参考例だと従来型が3時間なのに対してライトでは4時間となっていますのでゲームによっては大きな差となりそうです。

カラーリングが豊富

Nintendo SwichではJoy-Conのカラーはマイニンテンドーストアから購入すれば1000を超えるパターンから選べたものの本体は限定モデルを除けば黒一色となっていました。

その点、Nintendo Switch Liteでは発売開始からイエローやターコイズ、グレーといった複数のカラーバリエーションを選べ11月にはポケモン剣盾とコラボした「ザシアン・ザマゼンタ」の発売も予定されているなど今後もバリエーションが増えていく事が予想されます。

価格は大幅にダウン

従来のスイッチが29,800円(税別)なのに対して19,800円(税別)と大幅に安くなっているのも特徴です。欲しいけど今まで高くて手が出なかった人やテレビに接続しないからその分値段を安くして欲しい人などはお求めやすい価格となっているのではないでしょうか。

予約開始はいつから?

お手頃になって選択肢も増えたNintendo Swich Liteですが、発売日にすぐ欲しいとなるといつ頃から予約が開始されるのかも気になってしまいますね。

そんな予約開始日ですが、基本の3色が8月30日から「ザシアン・ザマゼンタ」は7月12日からとなっているようです。発売日が遅いコラボ版の方が予約開始日が早くなっているんですね。

購入に向いている人はこんな人

軽量化された代わりに機能が削減されてしまったNintendo Swich Liteですが、既にスイッチを所有しているが予備などで2台目が欲しい人や今まで値段が高くて手が出しにくかった人、携帯モードでしかプレイする予定がない人なんかには向いているのではないでしょうか。

左側が十字キーになっていたり細かな改良点はありますが、基本的には下位互換になってしまっているため予算が潤沢ならば従来のスイッチを買ったほうが得なように思えます。

個人的には一体型のせいでボタンの不良で修理に出す際に本体ごと発送しなくてはいけないのも地味に気になってしまう点かもしれません。

良し悪しが大きいような気がしますが選択肢が増えてくれるのだけは手放しで喜びたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました