老舗の安心感『IIJmio(みおふぉん)』のメリットとデメリット

モバイル

MVNO=格安携帯に興味があってもなかなかSIMカードを取り扱っている業者多くて選べないという人は多いはず。今回はそんな中からIIJmioのメリットとデメリットをまとめてみました。格安simカード選びの参考にしてください。

IIJmioの解約金


データ通信でも音声通話付きでも1ヶ月と最低利用期間が決まっており、月中のいつ解約したとしても解約日が末日付けになってしまうために最速で解約できるのは契約の翌月末までとなってしまいます。
そのおかげかデータ専用simには解約金はないのですが音声通話(みおふぉん)の場合、12,000円-(契約月数×1,000)の『音声通話機能解除調定金』がかかってしまいます。
2018年8月に利用を開始した場合、9月解約なら12,000円(残り12ヶ月x1,000円)、翌年の3月に解約すれば6,000円(残り6ヶ月x1,000円)翌年の9月解約でようやく0円になるといった感じです。

早期で解約した場合は損になってしまいますが、キャリアのように自動更新はなく1年を過ぎてしまえば無料になる上に一年以内の解約は何円といった感じで一律で決まっている事業者よりはある程度を超えた場合は安くなります。

IIJmioのメリット

通信回線が選べる


IIJmioにはAU回線を使ったAプランとドコモ回線を使ったDプランがあり、いずれかから選べます。どちらかしか選べない通信事業者も多い中で自分にあった方が選べるのは嬉しいポイントです。家族でファミリープランを組んだ時にAU回線とドコモ回線で分け合えるのもMVNOならではです。

専用アプリとバーストモードでパケット節約も楽々

専用アプリで容易に高速モードと低速モードを選ぶ事ができ、インターネットやメールをするだけの時は低速モードで動画やゲームアプリで遊ぶ時は高速モードという使い分けが簡単にできます。また余ったパケットは翌月まで繰り越す事ができるので節約した使い方をしていけば容量超過による速度制限は起こりにくくなっています。

さらに嬉しいのがMVNOには珍しいバーストモードの存在です。これをオンにしておくことによって低速モードになってしまったとしても最初の何秒間かは高速で繋いでくれるのでインターネットでサイトを見る際にも遅過ぎて読み込まないという事が少なくなります。

通話オプションが充実していて通話料も安くなる


IIJmioには『家族と30分以内、誰とでも10分以内、何度かけても月額896円』『家族と10分以内、誰ともでも3分以内、何度かけても月額658円』と言った話放題サービスに加え、ファミリー通話割引でファミリーシェアプランの通話料が20%オフになったり、専用のみおふぉんダイヤルアプリを使えば誰とでも通信料が50%オフになったりする通話サービスがあり、たとえ通話が有料になったとしても通話料が携帯代金にあまり響かないようになっています。
誰とでもどれだけかけても基本料金といったキャリアのサービスには及びませんが、キャリアと比べて使わなければ安く済むので嬉しいサービスになっています。

IIJmioのデメリット

サポートへの問い合わせはメールと電話のみ

MVNOなので店頭はなく、サポートへ問い合わせる場合にはIIJmioの公式サイトから電話かメールで問い合わせる必要があります。

年中無休で9:00~19:00まで営業している電話サポート時間を過ぎてしまえば、すぐに対応するとは行かない可能性もあるので注意が必要です。

ピークタイムは通信回線が重くなる可能性がある

MVNO全般に言えることですが、古参でユーザー数の多いIIJmioは朝の通勤時やお昼時、夕方の帰宅時といったピークタイムには回線が遅くなってしまう可能性があります。
混雑時間帯でもLinksMateなどはまだ回線に余裕があるのか、安定して速いスピードで通信できていますのでそちらを選んでみるのも良いかもしれません。

ゲーマーにオススメなSIMカード『リンクスメイト(LinksMate)』の評判とメリット、デメリット
はじめに リンクスメイト(LinksMate)は株式会社Cygamesの子会社LogicLinks(ロジックリンクス)が開始した新進気鋭のMVNOサービスです。 そんなリンクスメイトを使うのはMVNOとしてお得なのか。速度や評判などをま...

まとめ

MNPでキャリアから移行しようとした場合にIIJmioには試しに使えるプリペイドsimもありますが、コストパフォーマンス的には割高になってしまい音声通話の場合には解除手数料もかかってしまいます。いきなり音声通話から契約してピークタイムの通信速度などに不満が出ても手遅れなので先ずはデータ通信だけで契約してみて、その後本格的に使いたいのならば音声通話で正式に契約をするといった使い方がおすすめです。

このsimに向いているのは
・格安simでも話しまくりたい人
・データ通信を多く使うがピークタイムにはWi-Fi環境にいる事が多いか気にしない人
反対に向いていないのは
・Wi-Fiを使わずにデータ通信を安定した速度で楽しみたい人
・動画や音楽をよく使い短い期間で多くのデータ通信量を使う人
になります。

他にもキャンペーンを頻繁にやっていたりしてユーザーにはありがたいほどサービス精神は豊富なので長期的に運用するユーザーにも損はないようになっているのも嬉しいポイントです。

昼時などの速度さえ気にならなければお得な格安simだと思うので是非ともおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました