ゲーマーにオススメなSIMカード『リンクスメイト(LinksMate)』の評判とメリット、デメリット

モバイル

はじめに

リンクスメイト(LinksMate)は株式会社Cygamesの子会社LogicLinks(ロジックリンクス)が開始した新進気鋭のMVNOサービスです。
そんなリンクスメイトを使うのはMVNOとしてお得なのか。速度や評判などをまとめてみました。

リンクスメイトの料金プラン

リンクスメイトの料金プランは1GB、5GB、10GB、20GB、30GBの5種類の容量と音声通話のあるなしの選択だけです。

容量 通話なしプラン 通話付きプラン
1GB 500円 1,100円
5GB 1,500円 2,100円
10GB 2,500円 3,100円
20GB 4,200円 4,800円
30GB 5,400円 6,000円

シンプルイズベストって感じですが、10分のかけ放題オプションをつけると更に+840円かかってしまうのと、流石に20GBや30GBまで行くと割高感が否めないのは考慮しなくてはいけません。

安い料金プランも1GBでは最大2Mbpsに制限されてしまうため、実質的に選択肢は5GBか10GBで音声通話をつけるか否かに限られてしまいそうです。

そのどちらかならばMVNOの中でも破格の安さになっている気がします。

リンクスメイトのメリット

格安にしては速い通信速度

ベストエフォートで下り最大375Mbps/上り最大50Mbpsという公称速度を誇るリンクスメイトですが、ようやく一周年を迎えたぐらいの新しいサービスですのでMVNO大手のIIJやmineoなどと比べるとユーザー数が全然少ないのか朝の通勤時間や昼時、夕方といったピークタイムでもさほど回線速度の悪化は見られません。
料金の割に規定のパケット容量を超過しなければ、ストレスない通信速度でサービスを受けられる可能性が高いのはMVNOとしては優秀だといっても良いでしょう。
その速度に関しては公式ホームページで常に計測していますので気になったら確認してみるのも良いかもしれません。

リンクスメイトのお得なカウントフリーオプション

500円(税別)のオプションサービスになってしまいますが、リンクスメイトのカウントフリーオプションは本当にあなたを回線速度の遅さからくるストレスから解き放ってくれる事ができます。


対象のアプリに使った通信料を90%カットしてくれるこのサービス。カウントフリーと言いつつ10%はしっかりカウントしている!のはともかくとして対象の通信であれば速度制限がかかったとしても対象の通信は高速状態で繋いでくれるから安心です。
有料なのがネックですが、注目するのは流石はコンテンツ屋さんというべきか。カウントフリーの対象となるコンテンツの数がダントツで多い事でしょう。菅田将暉がコマーシャルを務めていてグラブる?のフレーズで有名な『グランブルーファンタジー』や某国民的アイドルが普段では中々見れない姿を見せてくれた『アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ』といった豊富なゲームを始めとして動画サービスやSNSなんかまで対象になっているので恩恵を受ける人は多いはず。

対象のリストは以下
ー ゲーム ー
・アークザラッド R
・アイドルマスター SideM
・アイドルマスター SideM LIVE ON STAGE!
・アイドルマスター シャイニーカラーズ
・アイドルマスター シンデレラガールズ
・アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
・アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ
・茜さすセカイでキミと詠う
・あんさんぶるスターズ!
・一血卍傑-ONLINE-
・ウチの姫さまがいちばんカワイイ
・エレメンタルストーリー
・オルタナティブガールズ
・オルタンシアサーガ
・ガールフレンド(仮)
・怪盗ロワイヤル
・神式一閃 カムライトライブ
・グランブルーファンタジー
・グリモア~私立グリモワール魔法学園~
・剣と魔法のログレスいにしえの女神
・三国ブレイズ
・実況パワフルサッカー
・Shadowverse
・ジョーカー~ギャングロード~
・スペースデブリーズ
・セブンズストーリー
・戦国炎舞 -KIZNA-
・戦国ロワイヤル
・戦闘摂理解析システム#コンパス
・千年戦争アイギス A
・テイルズ オブ ザ レイズ ミラージュ プリズン
・刀剣乱舞-ONLINE- Pocket
・ドラガリアロスト
・農園ホッコリーナ
・バンドリ!ガールズバンドパーティ!
・FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS
・プリンセスコネクト!Re:Dive
・ポコロンダンジョンズ
・マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝
・みんゴル
・夢王国と眠れる100人の王子様
・妖怪ウォッチ ぷにぷに
・妖怪ウォッチ ワールド
・リネージュ2 レボリューション
ー コンテンツ ー
・AbemaTV
・AWA
・enza
・OPENREC.tv
・グランブルーファンタジー スカイコンパス
・GameWith
・サイコミ
・読書のお時間です
・ファミ通app
・ファミ通.com
・FRESH LIVE
・Mirrativ
・AppStore
カウントフリーオプション対象ゲーム・コンテンツ・SNSのアプリのダウンロード、アップデート、決済に関する通信量のカウントが対象となります。
・GooglePlay
カウントフリーオプション対象ゲーム・コンテンツ・SNSのアプリのダウンロード、アップデート、決済に関する通信量のカウントが対象となります。
ー SNS ー
・Instagram
・Twitter
・Facebook
(2018年9月28日現在)
SNSなんかは競合サービスでも対象になっていたりして特別にリンクスメイトだけの長所というわけでもないですが、プレイしているゲームが対象になっている場合その恩恵はあまりあるというものです。
速度規制を気にせずに通勤時間の合間などを利用して外でも自由に遊べるというのはありがたいです。
ただ対象のコンテンツでも使い方によっては対象外となってしまう場合もあるので、詳細は公式サイトで確認してください。

対象のゲームとの連動特典も……!

ゲーム会社の関連子会社らしくCygamesのゲームをプレイしているリンクスメイトのユーザーは連携をすることによってその料金プランにあったゲーム内アイテムをもらう事ができます。10GBであれば3つまで連携が可能で、利用特典のほかスターと呼ばれるアイテムが送られ更に特別なアイテムを手に入れることも……。
現在、対象のゲームはグランブルーファンタジー/shadow verse/プリンセスコネクト!Re:Dive /エレメンタルストーリーとなっており、対象が限られてしまいますがリンクスメイトを使っていてこれらのゲームをプレイしているのであれば連携しない手はありません。

最低利用期間が存在しない

リンクスメイトでは解約する場合には期間の長さにかかわらず3000円の解除料が必要と決められており、一定の期間以内に解約してしまうと違約金は幾らといった俗にいう縛りは存在しません。
長く使った時に解除しやすくなるメリットはありませんが、いらなくなったらすぐに解約できるのは使いやすいといっても良いでしょう。SIM作成して即解約でも6,000円しかかかりませんので、MNPで携帯電話を手に入れる際にオススメだったりもします。

リンクスメイトのデメリット

料金の支払い方法が限られている

リンクスメイトの料金の支払いに使える方法はクレジットカードと独自のリンクスポイントと呼ばれるポイント払いのみになっています。決済手段が限られている上にクレジットカード以外の場合プリペイドになってしまうので料金の支払いに手間がかかってしまう事になります。
リンクスメイトを手軽につかうのであれば選択肢は実質クレジットカードのみと言えるのかもしれません。

端末の分割購入には手数料がかかってしまう

あらかじめ持っている端末を利用してリンクスメイトに移行する分には関係のない話なのですが、端末を購入しようとする場合に分割購入にすると一括の値段よりも高くなってしまいます。
例えば『HUAWEI nova』の場合、一括では18,000円のところを分割にすると900円/月×24回=21,600円になってしまいます。
持ち込みか一括で購入してしまえば問題はないので、MVNOを使おうという人で関係のある人はあまり多くはないかもしれませんがお得に使おうと思うと注意が必要です。

まとめ

リンクスメイトをオススメできるのは積極的にゲームをプレイする人かつカウントフリーやゲーム連動の対象になっているゲームをプレイしている人って感じです。
そうでなくても通信速度が安定していたり、MVNOの中でも比較的安めになる通信料などお得な要素は満載なのでMVNOの選択肢としては悪くないんじゃないかと思います。
反面でMVNOらしく店舗がなかったり、サポートがチャットかメールのみだったりして携帯電話に弱い人は使いづらさを感じるかもしれません。チャットは24時間対応してくれるので真夜中にトラブルがあった際にも対処できるのは素晴らしいんですけど……。

コメント

タイトルとURLをコピーしました